Arai Laboratory, Department of Chemistry, Graduate School of Science, Chiba University

学会発表Presentation

2017

44回有機典型元素化学討論会

日時:平成29127-9日、会場:東京工業大学(大岡山キャンパス)

Asymmetric Mannich Reaction Using Iodine/Nitrogen Cooperative Catalyst

Storu Kuwano, Takumi Suzuki, Takayoshi Arai

 

112回有機合成シンポジウム

日時:平成29126-7日、会場:早稲田大学国際会議場&大隈記念講堂

【日産化学・有機合成新反応/手法賞 受賞講演】

イミダゾリン、イミダゾリジン、そしてアミノフェノール:不斉触媒の探索と設計

○荒井 孝義

 

千葉市科学館 化学月間2017

日時:平成291022日、会場:千葉市科学館

【講師】

千葉ヨウ素資源イノベーションセンターの取り組み

○荒井 孝義

 

2回分子性触媒若手セミナー

日時:平成291017日、会場:東京農業工業大学

【依頼講演】

金属不斉触媒の探索からデザイン型ヨウ素触媒の展開へ

○荒井 孝義

 

74回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)

日時:平成291118、会場:新潟大学五十嵐キャンパス

【若手講演賞】

光学活性ホスホイミノビナフトール-金属錯体:触媒的不斉Mannich反応による四級炭素の構築

中村 有優、佐藤 勝哉、荒井 孝義

 

74回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)

日時:平成291118、会場:新潟大学五十嵐キャンパス

【若手講演賞】

キラルボロン酸触媒を用いた環状1,2-ジオールの不斉スルホニル化反応

保坂 悠成、鍬野 哲、荒井 孝義

 

The 8th International Meeting on Halogen Chemistry (HALCHEM VIII)

日時:平成29912-13日、会場:愛知県犬山市 名鉄犬山ホテル&FREUDE

Dimerization of 2-Vinylindoles Catalysed by Cationic Halogen-Bonding Donors

Takumi Suzuki, Storu Kuwano, Takayoshi Arai

 

The 8th International Meeting on Halogen Chemistry (HALCHEM VIII)

日時:平成29912-13日、会場:愛知県犬山市 名鉄犬山ホテル&FREUDE

Catalytic Asymmetric Mannich Reaction of Isatin-derived N-Boc Imines with Malononitrile Using Halogen Bonding-donor/Organic Base Combined Catalyst

Storu Kuwano, Takumi Suzuki, Takayoshi Arai

 

第20回ヨウ素学会シンポジウム

日時:平成2998-9日、会場:千葉大学西千葉キャンパスけやき会館

【優秀発表賞受賞】

光学活性ビスアミノイミノビナフトール亜鉛三核錯体を用いる触媒的不斉ヨードラクトン化とその展開

◯堀金航大1・亀井優斗2・山中正浩2・荒井孝義11千葉大院理・2立教大理

 

第20回ヨウ素学会シンポジウム

日時:平成2998-9日、会場:千葉大学西千葉キャンパスけやき会館

ハロゲン結合ドナー/有機塩基複合触媒を用いる不斉Mannich反応の開発と構造活性相関

○鍬野哲・鈴木拓己・荒井孝義

 

第50回有機金属若手の会夏の学校

日時:平成2987-9日、会場:北海道定山渓

【依頼講演】

光学活性イミダゾリジン含有ピンサー錯体を用いるプロトン‐金属協調触媒反応の開発

荒井 孝義

 

Chirality 2017

日時:平成2979-12日、会場:早稲田大学 国際会議場

Chiral Bis(imidazolidine)-Derived NCN Pincer Metal Complex for Cooperative Asymmetric Catalysis

Junki Kakino, Takuma Moribatake, Ikiyo Oka, Takayoshi Arai

 

Chirality 2017

日時:平成2979-12日、会場:早稲田大学 国際会議場

Development of Chiral Halogen-Bonding-Donor/Organic Base Combined Catalyst and Application to Asymmetric Mannich Reaction

Storu Kuwano, Takumi Suzuki, Takayoshi Arai

 

The International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017

日時:平成2968-10日、会場: Ho Chi Minh City, Vietnam

【招待講演】

Halogen Bonding in Metal-catalyzed Asymmetric Halocyclization

Takayoshi Arai

 

日本化学会 第97春季年会 (2017)

日時:平成29316-19日、会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス

Asymmetric Mannich reaction using bifunctinal electron-deficient iodobenzene/tert-amine combined catalyst

KUWANO, Satoru; SUZUKI, Takumi; ARAI, Takayoshi

 

日本化学会 第97春季年会 (2017)

日時:平成29316-19日、会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス

光学活性ビスイミダゾリジン‐ニッケル触媒を用いた新規ビスインドリルメタン化合物の高立体選択的合成

○登坂 拓也・荒井 孝義

 

日本化学会 第97春季年会 (2017)

日時:平成29316-19日、会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス

新規光学活性イミダゾリンアミノ酸?銅触媒を用いるニトロアルケンとイミノエステルのexo-選択的不斉[3+2]環化付加反応

○島田 拓弥・徳光 千尋・藤原 絢香・荒井 孝義

 

日本化学会 第97春季年会 (2017)

日時:平成29316-19日、会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス

PyBidine-Metal-Catalyzed Michael Reaction using Nitroalkenes

MA, Junma; SHIRASUGI, Mayu; ARAI, Takayoshi

 

日本化学会 第97春季年会 (2017)

日時:平成29316-19日、会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス

Catalytic asymmetric reaction of indoles with imines using chiral NCN-pincer-type palladium complex

KAKINO, Junki; ARAI, Takayoshi

 

日本化学会 第97春季年会 (2017)

日時:平成29316-19日、会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス

Catalytic Asymmetric Synthesis of Thiochromanyl-spirooxindoles Using Bis(imidazolidine)pyridine (PyBidine)-metal Complex

MIYAZAKI, Tomoya; OGAWA, Hiroki; ARAI, Takayoshi

 

日本化学会 第97春季年会 (2017)

日時:平成29316-19日、会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス

Chiral Bis(imidazolidine)iodobenzene (I-Bidine) Organocatalyst for Thiochromane Synthesis Using Asymmetric Michael/Henry Reaction

SUZUKI, Takumi; INOUE, Takahiro; KUWANO, Satoru; ARAI, Takayoshi

 

日本化学会 第97春季年会 (2017)

日時:平成29316-19日、会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス

トリプタミンとN-Bocイミンを用いる3-アミノアルキルピロロインドリンの合成

○牧野 宏輝・荒井 孝義