有機合成化学研究室
本文へジャンプ
メンバー紹介
[写真をクリックするとみんなのプロフィールが見れます。(自己申告になってます。)]
荒井 孝義 【教 授】
1992年 北海道大学薬学部卒業
1995年 東京大学大学院薬学研究科博士課程中退、同薬学研究科助手
1997年 大阪大学産業科学研究所助手
(2001年1月〜2002年4月 Harvard大学Schreiber研究室
日本学術振興会海外特別研究員)
2003年 千葉大学理学部助教授
2007年 千葉大学大学院理学研究科准教授 
2010年 千葉大学大学院理学研究科教授
【学位】 博士(薬学)
阿波田 篤子 【D2】
【研究テーマ】
光学活性イミダゾリン配位子‐
金属触媒を用いた新規不斉反応
の探索
佐藤 透【D2】
【研究テーマ】
新規不斉触媒および反応の開発
大橋 卓也 【M2】
【研究テーマ】
新規ピロリジン不斉触媒の開発
常光 研徳 【M2】
【研究テーマ】
新規光学活性ジアミン配位子を
用いた不斉触媒反応の開発

杉山 典幸 【M2】
【研究テーマ】
新規光学活性ビスアミノサレン
‐金属触媒を用いる不斉反応
探索
藤原 絢香 【M2】
【研究テーマ】
光学活性イミダゾリン-
ピロリジン金属触媒の開発
松村 恵理 【M2】
【研究テーマ】
光学活性ビスイミダゾリジン
ピリジン(PyBidine)配位子を
用いた新規不斉反応の探索

山本 悠史 【M2】
【研究テーマ】
光学活性イミダゾリン−
アミノフェノール(IAP)−金属
触媒を用いた新規触媒的不斉
反応の開発
小川 大輝 【M1】
【研究テーマ】
PyBidineおよびPybodine-金属
触媒を用いた不斉触媒反応の
開発
小島 孝裕 【M1】
【研究テーマ】

Coordination Polymer
開発とそれを用いた不斉反応
の探索
土屋 賢人 【M1】
【研究テーマ】

光学活性ピンサー錯体触媒反応
ならびに光学活性ヨウ素触媒の
開発
徳光 千尋 【M1】
【研究テーマ】

光学活性イミダゾリン配位子を
用いた不斉触媒反応の開発

森畠 拓真 【M1】
【研究テーマ】

pincer触媒を用いた不斉反応の
探索

佐藤 勝哉 【B4】
【研究テーマ】

PyBidineとPyBodineを用いた
不斉触媒反応の探索
土田 晃子 【B4】
【研究テーマ】

光学活性イミダゾリンアミノ
フェノール
‐金属触媒を用いた
新規不斉反応の探索
渡辺 旺嗣 【B4】
【研究テーマ】

salen型金属錯体を用いる
不斉ヨード環化反応の開発